みっちょんのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 生きにくさ

<<   作成日時 : 2014/08/02 02:21   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

ここ10日ほど調子が悪い。

発作のように不安に襲われて、壁に頭を打ち付ける。

3日ほど前から、局地的。

もう死にたい。

自殺するんじゃないかと思うほど。

今はひたすらODがしたい。

今の状況から逃れたい。

何がストレスの原因かがわからない。

退院してから、少しは落ち着いたと思ったのに。

なぜか生きにくさを感じる。

自分がここにいることが許せない。

自分で自分を追いこんで行く。

自分で自分が理解できない。

もうダメだと思って、主治医の先生に電話をした。

もう今日が診察日なのに。

耐えられなかった。

肩の荷をおろしたい。

もう、辛いのをどうにかしたい。

先生はお休みだった。

もうあと、8時間の辛抱。

この痛みを聞いてもらいたい。

薬ではいかんともしがたいのか。

分からない。

生きにくさを感じる。

それが病気の根底の一つだとしても、辛い。

もう生きていく力がない。

どうしたら逃れられるのか分からない。

逃げていてはダメなのだろうか。

向き合えない辛さ。

逃げたいのに、逃げられない。

生きにくい。

もう、すべてを投げ出したい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
みっちょんさん、こんぱんは。

腕の傷ほか、予後はどうですか…
夏は化膿してもいけないし…
止められないことって、どうしてもあるのでね。
なんとか、少しで済むように乗り越えられたらいいなと思ってます。

本格的には秋からの薬の問題、医師もなんとか対応できる限りのことをしようとと考えているようですが、必要な分を減らされすぎても、厳しいですよね。(^_^;)

私もぎりぎり一部を頓服に出来てきていたので、2種類以外に今後も頓服扱いでなんとか、抗不安薬・向精神薬をもらえるように考えてもらってます。

もしも、みっちょんさんが7月から減薬など変化があれば、そうしたことが、今の不調に関わってきてるかも??と思いました…
一気に減らすと厳しいこともあるので。
でも、みっちょんさんの先生も少しずつ様子をみて考えてくださるような気がしてます。
お話してくることでも、少し気持ちが落ち着くといいと思うので。

みっちょんさんは夏は大丈夫?(^_^;)
私は夏が苦手だから、薬以外のことでも、ふらふらしてることが多いです。苦笑
水分をきちんと採ることとか、毎回言われたりして。(わかってるけどね〜)

心のこと、身体の不調、自分でわからない日も多く、説明も難しい…
ありきたりだけど、やっぱり焦らず、考え過ぎずに…と思います。
私は時々しか、こちらに、こられないかもしれないけど、みっちょんさんが私なんかを覚えていてにコメントいただける時は、とても嬉しいです。

今は何にかはわからないけど、みっちょんさんの心が痛い時なんだなあと思う…
暑さで思い通りにできないこともあるかもしれないし…
しんどいけど、自分をあきらめないでくれ〜と祈ります。
さつき
2014/08/04 00:23
私もね、やっぱり、自分の思うようには動けなくて…

薬飲んで、ここまでかい!ってノリ突っ込みを入れてる日もあるけどね…それでも、いいから、生活したいなと思うんです。
さつき、追伸
2014/08/04 00:29
さつきさんへ
ありがとうございます。

診察、受けてきました。今回はメモしていったことを全部伝えられました。先生的にもまた、入院を勧められました。6月に退院したばかりなのに。入退院を繰り返すのは躊躇します。

なかなか気持ちが上向きになれて、ただ、家の中で癒しを求めていること。カウンセリングの先生もそれはいけないことだと言われましたが、どうしようもありませんね。

今は辛い時が続いてますが、9月にある旅行のことを考えて、少しでも気持ちが和らげればいいなと思っています。それもまだ参加するかどうか、考え中なんですけどね。

薬に変化はありませんでした。もう少し強い薬にしてもらいたかったんですけど、もうこれ以上は増やせないということで。>薬飲んで、ここまでかい!って思いますよね。こんなに辛い思いをするなんて、耐えていくしかないんでしょうね。何か気を紛らすことを考えなければいけないんでしょうね。
なかなか難しいところですね。

お互いに、なんとか乗り切れたらいいですね。暑いですから、体調にも気をつけて、お過ごしくださいね。
みっちょん
2014/08/04 02:43
こんばんは〜

減薬じゃなかったのか…よかったなと思う。
先生も必要最低限はなんとか工夫したいみたいですよ。

入院か…
波というよりは、落ち込んだり、自分の内面に攻め込んでしまうのかなあ…
実生活してて、毎日平常心でニコニコしてる方が怖い気もするがなあ…とは先生には言えないけどね。苦笑

やはり、心がざわついたり、心が痛い分、身体にしてしまうので、そこをつかれると、こちらも考えてしまうよね。
家にいることを求めてる時期ってあると思うけどなあ…
まゆごもりというか、冬眠というか…夏だけど。(^^ゞ

こもっても、ひょっこり出る日は、必ずあるんだと思う。
短時間の人も、長期間の人もいるのだし。
先生達は治療が第一目的で、一番はみっちょんさんの身体のことを心配してくださるのだろう。

まだ決定じゃないけど、旅行を目標に、っていいことかも…と思います。(^^)
薬も助けになるが、どうしても、どうにもならないことはあるし、認知行動療法じゃないけど、自分なりの気持ちのルール?が出来てくると、それも少しだけ助けにはなりますね。

気持ちがきつかったら、お返事おかまいなくなので。
もちろん、文字で会話するのも嬉しい。
(もっとマメに訪問しろよってね。笑)

身体の心配してくれて、ありがとう。
なんとか秋に早くならないかな…と。
でも、夏にしかない花火大会とか、祭りは観たかったりね。(^◇^;)
まあ、好きなことするのも一興だよね〜
さつき
2014/08/05 01:56
さつきさんへ
ありがとうございます。

この所、腕をかきむしる事が復活しつつあって、ダメだな〜って思っています。傷だらけの腕では、旅行にも長袖を着ていかなきゃなりません。9月の京都・奈良は暑いだろうし、あ〜あってとこですね。

今度も主治医の先生に言うことをメモしつつあります。今度も全部話して、今、どうしたらいいか、相談してこようかと。また、入院って言われるだろうけど。

今はKANさんが心の支えです。動画見たり、曲を聞いたり、DVDを見たり、本を読んだり。いけないって言われても今は仕方ないです。

花火大会、いいですね。私もこの間行ってきました。お盆休みにもう一つ。一つでも癒されるものがあったらいいですね。
お互いにゆっくりボチボチと行きましょうね^^
みっちょん
2014/08/05 11:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
生きにくさ みっちょんのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる