みっちょんのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 口喧嘩

<<   作成日時 : 2013/01/06 16:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

きょう、夫と故物買い取りセンターに行った。

ドアを開ける時、ほんのっちょと隣く車に当たった。

夫からは怒りの言葉。

何となく嫌な気分になったけど、こっちから折れて、難なく話しかけた。

でも、夫はどうしても、今度の診察についていくという。

夫が行くと、先生は夫の話に聞き入る。

私の言うことは信用されない。

夫が見る目と、私自身が感じる目とが食い違う。

声を荒げて、スーパーに飛び込む。

何となく怒りが沈みだした。

でも、夫の言うままにならないと、何の解決もないとしてしまうのは、私をないがしろにしていると思う。

いつまでも、飲む薬の量が多すぎると思う夫。

一つ一つ、それぞれ効く場所があって、それを退治するために薬の量が増えて行く。

それは私でもおかしいと思うが、先生の考え方もあるので、そんなにはっきり言えない。

確かに、息苦しい時の場合にと、去年薬が増えたが、後は精神安定剤のようなものだ。

家事ができないことが、食事がワンパターンなのが、何をするにも夫頼りなのが、失敗ばかりすることが、薬の多さのためなのか。

私にはわからない。

夫にはわかるのか。

分かっているつもりでいる。

薬さえ減らされば、何もかもが解決すると考えている。

私にはどうすることもできない。

夫の言うことを伝えるからと、同伴するというのを必死で断った。

夫はまだ信用していないだろう。

もう疲れた。

わががまなのは私ではなかった。

夫も、優しい面の半面はわがままだった。

それがわかってこそ夫婦というものであろう。

これからも、知らない面がみえてきても、動揺することはない。

彼は彼、私は私。

夫婦だといえ、別の目を持つ人間だ。

あまり喧嘩はしたことはないが、今日の夫には怒れた。

行きたいなら一人で行くがいい。

私は知らない。

もう喧嘩はしない。

そんな範囲ではないから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
みっちょん、こんばんは。
精神科の診察やカウンセリングにはご主人への不満など、ご主人には言えない事もありますよね。だから、一緒に行くのは嫌ですよね。でも、ご主人もみっちょんの事を思ってのこと、許してあげて下さい。
僕も嫁さんの鬱では、嫁さんに不快な思いをさせた事が何度もありました。喧嘩もありました。今、謝っても仕方ないんですけれどね。
U T A
2013/01/06 18:14
みっちょん、上のコメントは書き過ぎました。本当にごめんなさい。
病院の事、みっちょんの気持ちも分かるし、ご主人の気持ちも分かるような気がします。でも、真の気持ちは当事者同士でないと分からないことです。
第三者がああこういう話ではありません。書いてはいけない事を書いてしまいました。本当にごめんなさい。
でも、みっちょん、あまりむきにならないで下さいね。
ご主人の話もよく聞いたうえで、納得できる最良の方法を決めてくださいね。
みんな、みっちょんの事、心配なのです。
U T A
2013/01/06 21:59
UTAさんへ
ありがとうございます。
夫は薬が多すぎるといいますが、抗鬱剤と安定剤と、苦しさを抑える薬しか飲んでません。そのことが夫には分からいのです。安定剤は、朝、昼。夜では別のものです。だから多く見えるのかな。いちいち言ってるので、もう疲れてしまいますね。
きっと薬からいつまでも抜けきれないのが煩わしいのでしょうね。
UTAさんのご意見は言いすぎではないですよ。ありがたく思います。何でもしてくれる夫も頼りになる存在ですね。
みっちょん
2013/01/07 14:15
ダンナさんに、「お前の苦しみはよ〜く分かるよ!」と言われても、きっと信用できないのではないかと思います。私もそうでした。
今のダンナさんに必要なのは「痛みを共有しようとすること」ではなく、「敵(うつ病)を客観的な目で見ようとする姿勢」なのだと思います。ダンナさんはダンナさんなりの心配があってのことでしょうが・・・それが逆にみっちょんさんを苦しめているような気がするんです(ToT)mts

隣の車にドアが接触してダンナさんが激怒した・・・これはみっちょんさんが悪い?・・・もし、このときの運転手がダンナさんであったなら、私はダンナさんに非があると思いますよ(^^;)
mts
2013/01/08 12:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
口喧嘩 みっちょんのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる