みっちょんのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 薄情者

<<   作成日時 : 2010/10/27 18:51   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 26

9月2日に、義父が亡くなをった。

84歳の義母は、これから一人暮らしとなる。

大腸がんが見つかったので、明日、手術をする。

それから3週間は入院生活だという。


一人暮らしになってから、義母はほとんど食事の支度をしていないと思う。

ウチの夫が毎晩顔を出して、用足しをしているが、おかずになる材料の買い出しは頼まれなくなった。

宅配の総菜をとったり、食べたい物を夫に頼んて買ってきてもらったり。

ウチでも気を使って、毎日ではないけど、煮物を多めに作って持っていったりしている。

結局、そうなるのだ。

長男が、同居を止めた時から、こうなることは解っていたのだ。

術後の義母の生活は、どうなるんだろう。

洗濯はまだしも、掃除なんてできるんだろうか。

元々きれいな家ではないが、風呂は洗わないと入れないし。

どこまで一人でやらせるんだろう。

私には、入って行く勇気がない。

入院中にもお見舞いに行くべきなんだろうな。

ホントは毎日行くものなんだろうな。

明日の手術には、義兄が付き添うということだけど、ホントは私も行くべきなんだろうな。

こうしたことに、長男の嫁とか次男の嫁とかは関係なく、家族として協力すべきなんだろうな。

でも、話し合いはいつも兄弟3人でしている。

配偶者はカウントされない。

だから、どこまでどうしたらいいのか、分からない。

お見舞いに行っても、話すことがないし。

でも、行かない訳にはいかないし。

明日から、どうしたらいいんだろう。

不器用なので、よく分からないし、上手くふるまえない。

困ったな。

夫とよく相談してみよう。

夫は、毎日行くことないと言うと思うけど、世間はそれで通るのかな。

不安になってきた。

だからACは嫌なんだ。

年相応のふるまいが出来ない。

夫に恥をかかせてしまう。

そうならないように、どうすればいいんだろう。

分からない。

不安だな。不安だな。不安だな。

こんなはずじゃなかったのに。

あぁ、中途半端な薄情者はこういう時困るんだ。

徹底的な薄情者になれればいいんだけど。

弱ったな。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン
薄情者 みっちょんのひとりごと/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン
2013/07/06 04:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
薄情者ではないと思いますよ。こんなに心配したり気に掛けているのだから。でもそれは伝わらないよね、思ってるだけだし。
夫とか世間体とか色々考えてしまうのも分かるわ〜
自分の中で例えば週一回顔を出すとかって出来る事を少しだけでも関わるとかって決めたらいいのかな?
どちらにしても無理しないで。
あんこ姫
2010/10/27 19:15
今までの経緯からいってみっちょんさんは動くべきではないと思いますよ。動けば必ずみっちょんさんの状態に悪影響を及ぼすことは明白です。旦那さんに”私が行く必要があるときは言って”と判断を旦那さんに任せることです。判断は負担になります。それはもっと当事者に近い旦那さんに任せましょう。
Hamutaro
URL
2010/10/27 19:52
みっちょん、決して薄情者なんかじゃないよ。まずは、まわりの人に任せれば良いと思います。みっちょんが無理をしない事が先だと思うよ。それで、色々行動してくれた人に感謝の気持ちを持てれば薄情者なんかじゃないよ。
ガン太
2010/10/27 20:57
薄情ものではないですよ!
大丈夫ですよ!
話し合いがいつも兄弟3人でされてるなら、
旦那さんに相談してみて・・・
1度は身内なので行く方が良いような気がしますが、
それ以後は旦那さんに聞いて
必要時だけでもイイのでは?
親戚付き合いって難しいですよね。
とりあえず旦那さんと良く相談してみて
無理しないでくださいね。
にゃふ子
2010/10/27 21:05
私もみっちょんさんは余り無理
をなさらず旦那様やその義兄
さんに任された方がいいと思います。

みっちょんさんの体調が悪くなってしまっては
これからの回復によろしくないかと思います。
旦那様と相談なさるのはいい事だと思いますよ。
シーン
2010/10/27 21:50
みっちょんさん、あまり無理をせず、
マイペースで行ったほうがいいと思いますよ。
旦那様や義兄さんに任されたほうがいいかと。
無理をして、みっちょんさんが体調を崩されても困りますし。。旦那様とよく話し合ってみたらどうでしょう。
さあや
2010/10/27 21:57
またまた、薄情者なんて自分を責めている所が、みっちょんさんの悪い癖ですよ!  義母さんの事は、長男の判断で決める事で、兄弟3人だけで話し合っているいるのならば、旦那さんと話して一度ぐらいはお見舞いに行く方が良いと思います。 後の事は、今まで通りの対応で良いのではないでしょうか? 無理はしない方が良いですよ!
ジャイラス
2010/10/27 22:58
みっちょんさん
病院には、ご主人と一緒に行くのが良いのではないかなっておもいます。お母さんも気を使わなくて良いし、ご主人と一緒だったら、何かするにしても二人で分かち合えるし。昨年、私の母も大腸がんで入院しましたけど、一年経って、今は家で家事もしています。手術が無事に終わって、早く良くなること祈っております。
くろまめ
2010/10/27 23:26
私も、くろまめさんと同じ意見。
ご主人といっしょに、時々で・・・☆
お互い、気まずくならないんじゃないかなぁ。
と思いました。
私も義父は入院した時は、一度も
行かなかったし・・・(苦笑)
だって、行っても何していいかわかんないし。
どうか、自分を責めないで・・・。
KENママ
2010/10/28 00:41
あんこ姫さんへ
ありがとうございます。一般的にはどんなものなのか良く分からなくて、でも、母の友人が入院した時は、同居している娘さんが毎日病院に行っていたと言うし、まぁ、毎日でなくても週に何度かは行った方がいいのかなとも思うし…。ウチの祖母が入院した時も、週に1度は行っていたので、そのことも気になるし、かといって、義母と2人では、話題もないしお互い気を使うだけかなと…。色々考えてしまいました。皆さんの言うように、夫と相談してみますね。
みっちょん
2010/10/28 01:23
こんばんはみっちょんさん。
世間的には長男が跡をつぎ、親の世話をするってのが一般的だと思います。
なので、全部しょいこみする事はないと思います。
それを不安に思う事もないし、出来る範囲で関わる事が一番に言いと思います。
本来、長男夫婦が話し合い長男と嫁が考えるべきところや対処するところまで、下手に首を突っ込まない方がいいと思います、3人兄弟で相談しているならまかせるべきだし、出来る範囲でみっちょんさん個人の気持ちで動ける事だけしてあげたらいいんじゃないかと思います。
一般論からしてそれで充分じゃないかなと思う私です。
自分で背負わないで下さいましね。
やさしいから、家も近いし気になるだろうけれど、ここはやはり兄弟の話しあいを中心に長男夫妻に任せた方が無難だと思います。旦那さんとはどうなってるのか話は聞いておいて、出来る事だけはやるけど、それ以上の負担は無理だとはっきり伝える方がいいかもしれません。
今は、訪問看護が昔よりいい環境ですので、きっとお家の事やお風呂も、家にきてくれて入れてくれたりするサービスが受けられるからご心配なく。
お金の問題でぴんきりでしょうけど、介護保険も払っていればなんとかなりますよ!ヘルパーさんもきてくれるしね! そう自分がやらなきゃと思う事はないと思います。
自分を責めないで下さいましね!
ハナ
2010/10/28 03:41
はむたろうさんへ
ありがとうございます。そうですね、多分、夫はちょくちょく行くと思うので、それについて行けばいいですね。そうします。なんだか、自分の立場がよく分からなくて、どこまですればいいのか、戸惑ってしまいます。夫と相談して、きめることにします。                                                    
みっちょん
2010/10/28 03:42
ガン太さんへ
>まわりの人に感謝する…これってつい見落としそうになりますね。
自分が一人で抱えなくていいっていうことですよね。
自分でも、できることはしたいと思います。夫と相談することにしました。二人で決めることにします。」
みっちょん
2010/10/28 03:54
にゃふ子さんへ
ありがとうございます。皆さんの言うように夫と相談して、出来る範囲のことをしたいと思います。無理しても仕方ないですもんね。
まだちょっと気になるけど、自分の心に任せたいと思います。それでいいんですよね。大事なことは、夫たちに任せて、ちょっと顔を出す程度のことをしてみることにします。これでいいのかなぁ。
みっちょん
2010/10/28 04:12
シーンさんへ
やはりそうですね。自分の本音も大切なことですね。人にお願いすることも、大切なことですね。私は隙間から顔を出す程度にします。大事なことは夫達にまかせて、マイペースでいくことにします。ありがとうございます。
みっちょん
2010/10/28 04:17
さあやさんへ
ありがとうございます。マイペースですね。気負ってましたが、そうする必要はないんですね。もっと義母と仲良しだったら悩まないのに。でもこればかりはしょうがないですね。無理しないで、夫にくっついて行こうと思います。
みっちょん
2010/10/28 04:30
ジャイラスさんへ
だって、薄情者なんですよ〜。私の気持ちの中には義理しかない気がします。でも、無理はしません。周りに任せることにします。適当に顔を出して、後はなすがままに任せたいと思います。ご心配をおかけしました。
みっちょん
2010/10/28 04:50
くろまめさんへ
お母様、お元気で何よりです。
そうですね。夫もちょくちょく行くと思うので、ついでに連れて行ってもらおうと思います。自分にできるのはそれくらい。ま、いいか、で乗り切ることにします。先は長そうだから。マイペースでいきますね。ありがとうございます。
みっちょん
2010/10/28 05:10
KENママさんへ
ありがとうございます。そうだね。自分の出来ることしか出来ないから、周りに頼ることにします。お見舞いも夫といっしょに行ってきます。
無理のないようにという気持ちと、後ろめたい気持ちが混ざり合っているけど、仕方がないね。それが私なんだ。この先どうなっちゃうんだろう。不安です。
みっちょん
2010/10/28 05:17
ハナさんへ
ありがとうございます。すごく気持ちが楽になりました。家が近いので、日常的な頼み事はみんなウチにきます。ウチも何となく買い物に出た時には気にするようになってます。そこまででいいのかな。でも、気になっちゃうんだよね。何か悪いような…。いろんな頼るところがあるから、そんなものをとりいれてったっていいんだよね。きっと、兄弟で決めてくれるね。無理しないで見てることにします。ありがと。
みっちょん
2010/10/28 05:28
みっちょんさまの優しさが、ご自信を困らせてしまっているのだと思います。世間体は気になさらずに、ご主人に頼まれた時だけ協力することで良いと思います。直接のご兄弟が話し合っているということですし、無理をして加わることはしないほうが、こころが楽ですからね。精神的に疲れない選択をしてくださいね。。
冬の人
2010/10/28 06:50
冬の人さんへ
ありがとうございます。そうですね。今はいろいろなサービスがありますから、事情に合わせて利用していけばいんですね。お見舞いにはとりあえず、週末にでも、1度、行ってきます。
認知症がでているので、あまりほうっておけないんです。一人暮らしをさせて心配なのはそのことなんです。うまい道筋をつけてくれるといいんですが…。心配しても、始まりませんね。
みっちょん
2010/10/28 09:09
人付き合い、特に親類付き合いは難しいですね。見守っていれば薄情だと言われ、積極的に行動すればお節介だと言われ、なかなか難しい問題ですね。
それから、子狐コンコンの音楽会に行くことにしました。
柿木
2010/10/28 16:20
こんにちは。
そんな時は・・・相手はどーして欲しいのかを僕は考えてみます。
誰とも仲良くなれるような方であれば入院している病院で話仲間ができるでしょうから毎日行かなくてもいい。
そうでなければ術前後は不安な気持ちでしょうから励ましてあげるとか(みっちょんさんがいろんな方のブログでコメントされてるのと同じように)。
ただ大腸がんの手術ってデリケートな場所でしょうから女性であれば(年配の方でも)恥ずかしい気持ちもあったりしますよね、きっと。
女性ならではのお願いもあるかもしれませんし。
その方の性格も含め旦那さんと相談してみてはいかがでしょうか。
san
2010/10/28 16:56
柿木さんへ
そうですね。夫に相談しながら過ごしていこうかと思います。
入院中はともかく、その後のことが不安で…。義兄や義姉はどう考えているのでしょうか。。
音楽会、行かれるんですね。楽しんできてくださいね♪
みっちょん
2010/10/28 17:27
sanさんへ
義母は、とてもおしゃべりな人なので、大部屋に移れば、きっとおしゃべり仲間を作るかもしれません。まぁ、様子を見ながら、夫と相談しながら、過ごして行こうかと思います。問題はその後。認知症がどこまで進むか、不安です。一人にさせておいて、大丈夫か…。あれこれと、難しいですね。ありがとうございました。
みっちょん
2010/10/28 17:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
薄情者 みっちょんのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる