みっちょんのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 好きなもの

<<   作成日時 : 2010/10/15 17:26   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 38

例えば、私はイギリスが好き。

新婚旅行には叶わなかったけど、一度行ってみたいと思ってる。

何故、イギリスが好きになったかと言えば、中学生の頃から読みだした、アガサ・クリスティの影響。

その、推理小説たちが背景に持つ、雰囲気だとか生活様式だとかにどんどん惹かれていった。

例えば、イングリッシュマフィンなど、今ではありふれた食べ物だけど、片田舎の中学生にとっては未知の食べ物だったり。

スコーンなど、想像もできない食べ物にクリームやジャムの塗られるところを想像したり。

イギリス好きになって、何度かHOW TO本を買おうかと思った。

でも、私は、情報誌で知るよりも、小説やエッセイの背景に生まれるイギリスが好きなのだ。

その欲求はHOW TO本では満たされない。

「あしながおじさん」に、主人公が、孤児院の院長に呼び出される。

何故?主人公の想像の中にこんなものがある。

『お茶に出したサンドイッチのキュウリが厚すぎたのだろうか?』

ここだけでは解らないが、後に、お茶に添えるサンドイッチのキュウリは薄ければ薄い方がいいのだということを知る。

小説やエッセイなどに散りばめられたイギリスに触れることが好きなのだ。

この傾向はなんにでもあてはまる。

例えば、私は、着物の着付け教室に1年間通ったが、それは、着物が着られるようになりたいとか、着付けで稼ごうとか、そんな目的ではなく、美しいものに触れることからの感性に触れていたいからだった。
(たまたま、妹にさそわれた、というのもあるのだが)

例えば、長いことお茶を習っている先輩がいる。

その方は、茶道を長くやっているとは思えない日常を送っている。

そんなミスマッチ(?)をわたしはとても残念に思う。

歌でもそう。

まれに、あまりにストレートすぎる表現についていけないことがある。

それよりも、ラブソングの中に意外な一面を感じて、あるいはその中の一言に惹かれて、好きになることがよくある。

高校時代のオフコースや、OL時代の浜田省吾とか。

例えば、今は、この歌が好き。

ラブソングだけど、それだけじゃない。

私を素直にしてくれる。

あなたにはどう聞こえますか。



                 







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(38件)

内 容 ニックネーム/日時
好きなもの。
小説を通してイギリスの風情を好きになるなんて、みっちょんさん、素敵です☆
私は何かな?やっぱり、あゆかな?
生き方とか詩の世界観が好きです。
KANさんの曲、優しいですね。
さあや
2010/10/15 18:05
私も若い頃(私にも有ったんです)オフコースを良く聞きました。今でも小田和正さんの歌が好きです。
柿木
2010/10/15 19:57
こんばんはみっちょんさん。
アガサの本を読んでみたいです、ずっと有名な人だから知ってるけど読んだ事ない。
今は本が読めないってか、読めるけど内容が入ってこない字だけ目で追う世界にいるので、元気になった時おススメを教えて下さいまし、今だと忘れちゃうから。お願いします。
もし、すでに知ってたらごめんです。
グーグルアースかイースか、英語でわからんのです。
とにかく、グーグルで世界中を確か見れるのがあるから、もし興味あったら試してみて下さいまし。
イギリスのいろんな所、見れますですよ。
余計に行きたくなってストレスなってあかんかったらごめんです。
航空写真みたいんだけじゃなくて、確か普通に道から見る目線みたいに見れた気がするです。
ハナ
2010/10/15 20:00
今この普通の日々を大切に生きる…、スゴく重みのある詩だと思いました。
日本だけでしか感じられない自由、戦地でしか生きていけない生活…、ホンのちょっとの差で人は簡単に不幸になってしまう。
今 この地に生かしてもらっていることに感謝を捧げなくてはならないと思っています。

みっちょんさんが仰る 美しさの感性に触れていたいという気持ち、よく解ります。
この日本でしか味わえないモノが沢山あるのですから、もっとその気になって味わっていきたいと思っています。
おーちゃん
2010/10/15 20:28
私の行ってみたいのはローマの休日のイタリアのトレビの泉。行ってみるときっとこんなの?って思うかもしれないけど。あと、一頃モンゴルに憧れてました。なぜか自分の前世はモンゴル人かなって思っていたから。おかしいよね。イギリス行ってみたら良いのではないかな?
あんこ姫
2010/10/15 21:01
over-blogはイギリスが拠点ですよ〜。
いろいろ情報が得られますよ〜。
でも人種が入り混じっているので価値観も言語も地域によって違います。まあ島国という点では日本とおなじですけど。他の人のブログ見てるといろんな国内事情が書かれていて面白いです。
Hamutaro
URL
2010/10/15 21:07
私は浜田省吾の歌が今でも
ラブソングをはじめ、色んな時代の世の中の歌など
浜省ワールドが大好きです。
KANさんの歌はしりませんでしたが
この歌深くてイイですね。
この戦争もない平和な国日本で普通に暮らせてることに感謝しないと、いけないって思いました。
にゃふ子
2010/10/15 21:20
「世界で一番好きな人」
いきなり響きました。

♪確かなことはわからないけどすごく不安がつのる
 明らかなように伝わるあやふやに囲まれて

自分の中にある気持ちをそのまま詩にされてるように聴こえます。
ヘッドフォンで一人じっくり聴きたい曲ですね。

僕はカナダが好きです。
仕事で、プライベートで、何度か訪れたことがありますが雄大なロッキーの山並みのゆっくりとした時間の中に身を置くと、日常の煩雑な気分をすべて吹き飛ばしてくれるように感じます。。。
イギリスは湖水地方が気になります。
ビアトリクス・ポターが過ごしたピーターラビットの舞台を訪れてみたいものです。
明日は晴れるかな
2010/10/15 21:23
イギリスって島国で日本に少し
似ている気がします。
やはりサッカーやゴルフなど伝統のある国
ですよね。
KANの愛は勝つも人生の応援歌
って感じがしてたまにyoutubeの聞いて
います♪
この世界で一番好きな人も
シックな感じに詩がマッチしていて
いい曲ですね
シーン
2010/10/15 22:53
小説の中のイギリスの風景や習慣を想像するのは、楽しいですね! 実際に行ってみたい気もしますが、日本の小説と違って、夢が有りますね。  日本だと想像がつくので面白くないかも? KANさんの歌、じーんと響いて来ますね。「愛は勝つ」のイメージが強過ぎで、不思議な感じがします。 
ジャイラス
2010/10/15 23:16
ドクターショッピングはいけないってよく言われてるみたい。でも、それって、言ってるの、ドクターですよね。で、そのドクターが、こちらの顔や声で何かを読み解く姿勢も見せないで、カルテのためにPCに向かってる。これは世に実務と言われている姿では。みっちょんさんが実務における1枚の書類じゃかなわん。だから、妙に罪悪感を誘発する、ドクターショッピングはいけないなんて、言ってみれば医科学的に何の立証もされていない、もがく患者をいたずらに動揺させる主張にまどわされないで。どんどんおやんなされ。ドクターショッピング。さまようのだ。もちろん程度問題は残りますが、そこらへんは自覚されておられるかどうかわかりませんが、みっちょんさん、心得ておられごようすですし。
PC。時間制限が課されたんでしたね。これはみっちょんさんご本人でその功罪を裁定できるので、しばらく試してみるのはいいかも知れませんよね。試してみるといいっすよ。なんて印象がありましたよ。何でもとにかく試さないとね。
「好きなもの」これ。これなんですよね。みっちょんさんの、わたしの好きなスタイル。キャラと言ったらいいのか。そこらへんはもうええっちゅうにってなる感覚はわたしとて持ち合わせているのですが、わたしにはすばらしいの一言に尽きる。ご不快を招いてもかまわないから申し上げるのですが、地味で静かな主題ですよね。これ。でも、きらきらしている。このきらきらですが、最近、ちらちら目立ってきましたよね。お心において、波立つことがある中で、そっと穏やかな波動が生成されてきているのかな。この所見が確かなものを捉えられていたとして、何が契機だったのかな。
ではでは。またね。いつもおまとめコメントですまないなと(誠にすまないと)思っています。がんばってね〜。がんばってね〜。がんばってね〜。
ナツオ
2010/10/15 23:30
さあやさんへ
あゆちゃま、いいですね。あのパワー、小さい体のどこに秘められてるんでしょう。生きて行くぞって勇気をくれる存在ですね。あゆちゃまのバラードって聞いたことがないので、一度聞いてみたいと思います。お勧めの曲はありますか?
気持ちを託せるアーティストがいるって、嬉しいことですよね。
みっちょん
2010/10/16 00:52
初めまして。
イギリスに行く夢が叶うと良いですね。
アタイは、パニック発作になるんで飛行機は…
ゆっくり旅して、カルチャーショック!したいですね〜
コメント、ありがとうございました。
MAROママ
2010/10/16 01:43
柿木さんへ
オフコース、いいですね。
小田さんの透明な歌声が何ともも言えませんよね。
みっちょん
2010/10/16 02:56
ハナさんへ
グーグルとは思いつきませんでした。探索してみるのも、面白そうですね。なにか、楽しみになってきました。PCって、本当に凄い箱ですね。
アガサ・クリスティは、読みやすい軽い推理小説なので、また、関心があったら声をかけてください。
みっちょん
2010/10/16 04:15
おーちゃんさんへ
何でもない詩なんだけど、胸に残る歌になりました。世界で一番好きだったのは誰?素直な気持ちで言うことができたら、それはそれで美しいことだと思いました。
美しいものを見ること、心を豊かにすること、思いやりを持つこと、こんな風に繋がっていきそうで、感性を育てるのって大事だなぁと思った次第です。
堅い話になっちゃいましたね。こんなものが好きなんだよというお話でした。
みっちょん
2010/10/16 04:31
はむたろうさんへ
英語のブログじゃ読めませんよ〜
でも、読んでみたいなぁ。日常生活が書かれていて、」面白そう。
そんな自然な風景が好きなんですよね。
イギリスに行きたいなぁ。イギリスグランプリに併せて行けたら、最高です。
みっちょん
2010/10/16 04:38
あんこ姫さんへ
ローマですか。イタリアもいいですねー。「ローマの休日」をたどる旅なんて面白そう。イタリアのことも、エッセイで読みましたが、明るい雰囲気でいいですよね。治安がちょっと気になりますが…。
モンゴル人とは面白いですね。
みっちょん
2010/10/16 04:43
にゃふ子さんへ
浜省、いいですね〜。いつ聞いてもいいですね。あまりたくさんの歌は知らないんですが、「君の肩に悲しみが 雪のように積もる夜には〜♪」(題が解らない)この歌が好きです。あとたくさん切ない歌がありますよね。浜省ワールドには、ハマりますね。同じ頃、稲垣純一(字が違うかも)もよく聞いてました。懐かしいなー。
みっちょん
2010/10/16 04:53
明日は晴れるかなさんへ
晴れるかナさんはカナダですか。自然が豊かそうでいいですね。
カナダと言えば、アイスホッケーだな〜。氷上の格闘技、たまりませんね。あと、ワーキングホリディの制度。友達と真剣に考えたことがありましたっけ。職場の同僚は、新婚旅行にスノボを持って、カナダに行きました。
イギリスの湖水地方は日本人に大人気らしいですよ。私はコッツウォルズというところに行ってみたいです。
みっちょん
2010/10/16 05:06
シーンさんへ
ずっと昔の話ですが、イギリスにはまだ、階級差別が残っていて、たとえばレストランなどで、預けた上着のメーカーを見て、いい席、悪い席へと案内したということを何かで読みました。いいことばかりじゃないですね。いまはもう解消されているだろうな。ゴルフの全英オープンを見に行きたいです。
みっちょん
2010/10/16 05:16
ジャイラスさんへ
「愛は勝つ」、意外にもKANさんの歌の中では、アグレッシブな方で、こんな感じのしっとりした歌が多いみたいです。
イギリス、行きたいですねー。今ぐらい、まだ元気のあるうちに行きたいですねー。しかし遠い。物価も高い。どう楽しむかには思案が必要なようです。
みっちょん
2010/10/16 05:31
ナツオさんへ
ドクターショッピング、それでもここらへんで止めておこうかなと。もう、ある程度は諦めるしかないのかもしれません。あとは自己努力ですね。私何もしてないし。これを契機に、何とか自分をたたせていくようにしなければならないのかもしれません。結局は、自分次第なのだと。病気を言い訳にしてないか?明日への希望は相変わらずないけれど、今この時に何ができるかを考えなければいけないのかもしれません。
いつもいつも、持ち上げてくださって、ありがとうございます
心はいつも、変わらぬ自分でありたいと思います。今の自分に満足しているかどうかは解りませんが、正直な自分でありたいとねがっています。、
ナツオさんも頑張ってくださいね〜。
みっちょん
2010/10/16 05:48
MAROママさんへ
こちらこそ、気持だま、ありがとうございました。
イギリス、行きたいですぅ。でも、遠いです。。宝くじでも当たったら、豪勢な旅をしちゃうんだけどな。MAROママさんも、パニえック乗り越えて、行ける日が来るよ。信じてましょうね。きっとくるよ。楽しみにしてましょうね。
みっちょん
2010/10/16 06:02
みっちょんさん。
イギリスですか。
良いですね。

エミは、新婚旅行に、ヨーロッパに、行きました。
パリに、行きたくて、しょうがなかったんです。

ツァーだったので、オランダや、ギリシャにも、行きました。

とても、良い思い出です。
今は、残念ながら、飛行機に、乗れないしね。

太郎も、居るので、無理です。

世界は、広いですね。

ウン。
日本も、良いけれどね。
エミ
2010/10/16 16:31
アガサ・クリスティと言えば・・・
“オリエント急行の殺人”?だっけ・・・。
イギリスかぁ。
みっちょんさんの感じ方が、素敵だなぁ。
って思いました^^
美しいものに触れる感性。
そうだね。ついつい忘れがちの日常。
そういう感覚、呼び起こしたいなぁ。
私は、ロマンティック街道に憧れたよ〜。
ドイツだっけ???
外国にうとい私です・・・(汗)
KENママ
2010/10/16 23:47
エミさんへ
私も、ヨーロッパが好き。
でも、遠いね。
また飛行機に乗って、度をしようよ。
目標にしようよ。
絶対叶えますように。
それまで、がんばろ。
みっちょん
2010/10/17 05:22
KENママさんへ
ロマンティック街道、新婚旅行で行ったよ〜!お天気が良くて、らっきーだったよ。ちょっと、ハードスケジュールだったけどね。いい思い出です。
また、海外旅行に行きたいな、日本もいいけどね。体力つけなきゃ。
みっちょん
2010/10/17 05:34

みっちょんさん この秋の季節に好きなものを
思いながら、いろいろと美しいものに触れるって
イイですね〜♪

KANさんの詩で『いつまでも日本が、、、』て
聞いてたら 何かそうかも知れない、、と思って
しまう世の中になって来てるんだよね、、、。

普通の毎日 本当にこれが一番の幸せなんだと
実感しています。
生かされているんだよね、、万物すべて、、。
ミント
2010/10/17 06:53
ミントさんへ
もの思う秋、なんとなくこんなことを考えちゃいました。
毎日平凡、これって幸せなことなんですね。

いつか、イギリスに行けたらいいなぁ。
時々一人で行っちゃおうかなって思う時もあります。
それ程度胸はないけれど、それくらい好き。
平凡な毎日にも刺激は必要ですね
みっちょん
2010/10/17 11:13
おはよう。
イギリス。私もイングリッシュガーデンに憧れました。本とか庭の写真とか眺めてため息。・・・
まだまだ憧れています。
夢見る乙女です。・・・おほほほ。・・・

オフコース・浜田省吾良い声良い曲ですね〜。
私も数少ない中コンサート見に行きました。

感動です。また行きたいな。
さくら
2010/10/17 11:20
みっちょんさん、こんにちは。

イギリに限らず、ヨーロッパって歴史があって、それがきちんと受け継がれていて、とても素敵ですよね。
僕は、仕事で、スペイン、イタリア、デンマークにそれぞれ1週間ほど行ったことがありますが、どこももう一度行きたいです。
都会の中でも、歴史の重みを感じます。
ウタ
2010/10/17 15:42
イングリッシュガーデン、いいですね。憧れますね。
それだけ維持する自信はないけれど。
コンサート、私も今年の7月に行ったのが、久しぶりでした。
楽しかったです。感動しますよね。また行けたらいいですね。
みっちょん
2010/10/17 16:07
ウタさんへ
こんにちは。私もイギリスに限らずヨーロッパって好きです。
ウィーンとか、ルクセンブルクやベルギーなんかにも行ってみたいです。あ〜、夢ですね。
宝くじ、当たったら行けるのにな。当たらないかな…。
みっちょん
2010/10/17 16:36
あゆのバラードでお勧めなのが、
アルバム曲なんですが『Walking proud』です。
自分のことを言い当てられてるようで涙が出ました。検索すると詩が見れますよ〜♪
さあや
2010/10/17 19:08
さあやさんへ
早速聞きましたよ〜。
いい歌ですね。胸にじんときますね。
これからも生きて行こうって言い掛けられてる気がしました。
紹介してくれて、ありがとう
みっちょん
2010/10/18 01:58
何か分かります。
私は中世Europeが好きです。
Cima・chaos
2010/10/18 13:19
Cima・chaosさんへ
中世ですか。う〜〜ん、どんなイメージなんだろ。
いつの時代でも、Europeは美しい雰囲気がありますね。

みっちょん
2010/10/18 16:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
好きなもの みっちょんのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる