みっちょんのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS たからもの

<<   作成日時 : 2010/09/30 17:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 30

今日で9月も終わり。

今年もあと3カ月になりましたね。

昔は、こんな風にやるせない日々が続くと、ふと行きたくなる所がありました。

三重県の、柘植という小さな町です。

独身時代に、実家から3時間かけて、2度ほど行ったことがあります。

今はどんな風に変わっているでしょうか。

そこは作家横光利一氏の出身地とされ、文学碑もあります。

その文学碑を訪ねて行ったのでした。

学生時代から、横光に傾倒し、卒業してからも、12月30日の命日に、多磨霊園を訪れたこともあります。

3月の春彼岸に墓参した時は、思わぬなごり雪となって、東京から帰るのに難儀しました。

墓前に供えたスイトピーの花が、雪に埋もれる風景をふと、想像していました。

その実直な人柄に心酔してしまった私の学生時代は、横光一辺倒でした。

就職してから、職場を訪れる本屋さんに、毎月1冊ずつ全集を頼み、買い集めました。

それは今も宝物で、陽が当らないように気をつけています。

沢木耕太郎氏の「檀」という小説に、横光がほんのちょっと顔を出したのを見て、嬉しくなりました。

不遇だった晩年でしたが、いい時もあった一生でした。

今でも、小学校の交流に役立っているようで、意外な気がしました。

秋の夜長に、全集を読み返すのもいいかなと思っています。

伊賀上野にはなかなか行けませんが、一度は行ってみたいと思っています。

伊賀牛は、美味しいらしいですよ。

深まりゆく秋の徒然に、こんなことを考えていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
何か分かります。
私の場合は海です。
Cima・chaos
2010/09/30 18:45
秋の夜長、お気に入りの文学の世界に身を置くのも侘びさびが感じられていいですな。
日頃の喧騒を忘れてお気に入りの世界へ。。。
落ち着いた時間を過ごしてくださいね
明日は晴れるかな
2010/09/30 19:03
いい宝物ですね!  何度も読み直しているんですか?
そういう行きたい場所が有ると、また行きたいでしょうね? 鈴鹿から遠いんですか? 時間が有れば行けると良いですね! 伊賀牛っていうのも有るんですね。 初めて聞きました。
ジャイラス
2010/09/30 20:13
Cima・chaosさんへ
海ですか。海もいいですね。私もよく行きます。
波の音って心を安らかにしてくれるから不思議。
けんかした時もよく行きます。
みっちょん
2010/09/30 20:48
明日は晴れるかなさんへ
昔、買い貯めた文庫本は、字が小さくて、だんだん辛くなります。
短大へ入るまで、日本文学なんて、全く興味がなかったのに。
私の好みは、近代文学なので、今の小説類のことは、全く分かりません。現代文学もいいかもしれませんね。
みっちょん
2010/09/30 21:00
素敵ですね。
だからみっちょんさんの文章には魅力があるのですね。
秋の夜長に読み返してみるのもいいですね。
素晴らしい宝物ですね☆彡
いつかまた行けたらいいですね(*^^)
さあや
2010/09/30 21:03
ジャイラスさんへ
全集はまだ、最終巻しか触ったことがないんですよ〜。読むのが楽しみです。
伊賀上野は1泊でないと厳しいですね。
伊賀牛は、あまり量がとれなくて、流通してないので、現地で食べるのが一番らしいです。私は肉嫌いなんですけどね。
みっちょん
2010/09/30 21:04
さあやさんへ
いやいや、文章が下手で、恥ずかしいです。
本を読むところまで気持ちがいくといいんですが…。
横光は特別なので読む気になれるかも。
そうですね〜、また行きたいですね。
みっちょん
2010/09/30 21:35
青年期に影響を受けた
作家の存在って、大きいですよね。
私は、山際淳司という
ノンフィクション作家です。
横光利一は知りませんでした。
まず1冊読むなら、何がお勧めですか?
出来たら文庫版が流通している物で。
Turf-Runner
2010/09/30 22:01
何かほっとする場所があるって良いですよね。
また、夢中になるものがあるっていうのも良いですね。
私は何かな。知らないところに行くことかな。
それから、大切にするものがあるっていうのも良いですね。思い出と友人、周りの人を大切にしたいですね。☆
くろまめ
2010/09/30 23:18
読んでて、いっぱいの秋を感じたよ。
そうかぁ・・・
もう10月なんだ。。。
そんなふうに思い出せる場所があるって
いいなぁ・・・。
素敵な素敵な“たからもの”だね☆
KENママ
2010/10/01 00:16
思い出せる場所がある。いいですね。
僕にとって思い出せる場所、行くことが出来ない過去の札幌。心の中でだけ行くことが出来ます。でもいけないからこそ、たからものになるんだね。
Hamutaro
URL
2010/10/01 02:03
Turf-Runnerさんへ
横光は今ではマイナーな作家なので、作品は結構ありますが、文庫化されているものは少ないんですよね。「旅愁」が平成10年に出てますが(講談社文庫)、今でもあるかな?そんなに面白い作家じゃないですよ。親友の川端康成が、25年横光と共にし、横光死後25年後に自殺したのは何か符号のようなものを感じます。
みっちょん
2010/10/01 03:09
くろまめさんへ
心安らぐ時や場所がるのは、とてもいいことですね。忙しい毎日からちょっと抜けだして心を解放してあげたいですね。
人とと人との、心地よい関係もまた、いいものですね。大切にしたいものがあるということは、とても幸せなことだと思います。
みっちょん
2010/10/01 04:42
KENママさんへ
もう、秋深し…になってきたね、食欲の秋^、止まりません。
これからの季節、大好きです。京都も紅葉でまた観光客が押し寄せるね。一度、行ってみたいなぁ
KENママさんの宝物は何?大事に大事にしたいもの、あると心がほほ笑むね。
みっちょん
2010/10/01 05:25
はむたろうさんへ
そうだね。時が移ろうと場所の雰囲気も変わってきちゃうものね。
でも、自分の心の中には残っているよね。それを大切にしたいね
宝物って、消えはしないよ。いつまでもそのままの姿で残っているよ。大切にしてね。
みっちょん
2010/10/01 05:33
みっちよんさん。
本、良いですね。
でも、読む機会も、段々と、減って来ました。

良い所何でしょうね。
エミは、海も、山も、好きです。

山は、上を、向いて、大空を、見上げられるのが、良いですね。

エミも、高校時代の、田舎街を、思い出しました。
又、行って見たい物です。
エミ
2010/10/01 05:47

みっちょんさん こんにちは〜。
今日から10月、、、今年もあと3ヶ月ですね。

「たからもの」大事になさっておられるんですね〜。
横光利一さん 芭蕉さんの親族なのかな、、、
芥川龍之介さんに「君は上海に行くべきだ、、、」と
言われたり。

そういうエピソードの方に興味を惹かれます。
ミント
2010/10/01 09:51
エミさんへ
この頃、全然本を読まなくなったので、少しは頭を使わなきゃと思っています。DSもらっても、一度も使ってないし…。
ふらりと田舎へ出かけてみるのも、楽しいかもしれませんね。
私も、もう一度、柘植に行きたいです。
みっちょん
2010/10/01 11:26
ミントさんへ
こんにちは。利一のこと、よくご存じですね。私もそういう話の方が好きです。
今年もあと3カ月ですね。イベントが二つ程控えているので、楽しみです。この前出した、パートの募集の〆切り日が今日。
書類審査だけでもとおりますように。
みっちょん
2010/10/01 11:40
文學に縁のない私・・・
でも、みっちょんんさんには
お気に入りの作家さんがいるんですね〜。
なんか、知的な匂いを感じますデス。
うらやましいですぅ。

でも!伊賀牛は知ってますョ!
昔、ダーリンと旅行で三重県に行った時に
すき焼きとして伊賀牛出てきました

めちゃくちゃとろけるほどの柔らかさと、
肉の甘味が最高においしかったのを憶えています
治療が一段落したらまた三重県に行ってみたいです

風も涼しくなり少し空きの気配ですね。
みっちょんさんも
気分がイイ時にどこかお出かけできるとイイですね
にゃふ子
2010/10/01 11:43
にゃふ子さんへ
伊賀牛、美味しかったんですね。よかった〜。確か友達がそんなこと言ってたなっと思いながら、半信半疑だったんです。
来週末、夫とツーリング(2人乗り)に行きます。
晴れるといいな。またここで書きますね。
みっちょん
2010/10/01 16:33
こんばんはみっちょんさん。
柘植行った事あります!
いっぺんだけ、でも何をして何でか思い出せません。
うつになってから、過去の記憶までなくなってて残念。
伊賀牛ってあるんですね、食べた事ないなぁ。
機会があったら食べてみます!
本も全然読んでないです、文学は苦手だ。
でも、読めるようになったらチャレンジしてみようかなぁ。
ハナ
2010/10/01 19:39
ハナさんへ
柘植、行ったことあるんだ。何か親しみわいちゃいます。ド田舎だよね。今はどうかな?
伊賀牛、食べてみてください。私は肉が駄目なので、食べられませんが。私も本、全然読んでません。なかなか手が出ないのよね。
みっちょん
2010/10/02 05:38
みっちょん さん、ご無沙汰してしまいました。

横光利一の全集を持っているんですか。
それはお宝ですね。

読書の秋、本を読みながらゆったりと過ごせるといいですね。

ウタ
2010/10/03 14:21
ウタさんへ
御気分、大丈夫ですか?
全集、読みたいけど勿体なくて読めません。
持っている意味、ないですよね(笑)。
みっちょん
2010/10/03 16:33
この作家の名前は知りませんでした。
本屋さんに行ったら探して、みっちょんさんがどこに惹かれたのか、読んでみたい気がします。
本はいいですね。最近一気に読んだのが西加奈子さんの「さくら」でした。柴田よしきさんの「小袖日記」も面白かった。
あんこ姫
2010/10/03 17:28
古い、マイナーな作家なので、多分本屋さんには置いてないと思います。「さくら」、私も読みました。後味が切ないですね。
もっと本を読まなきゃと思いつつ、最近はぜんぜん読んでないです。
みっちょん
2010/10/04 01:09
そう、夏は暑さを楽しみ、秋は秋を楽しみましょうー。
san
2010/10/05 00:58
sanさんへ
sanさんは何の秋ですか?気持ちのいいシーズンですね。
家の中にいるのが勿体ない感じ。
すてきな秋を、お過ごしくださいね☆
みっちょん
2010/10/05 04:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
たからもの みっちょんのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる