みっちょんのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 「主人公」

<<   作成日時 : 2010/06/13 16:06   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

私が中学生や高校生の頃は、自分の気持ちや想いを、ストレートに歌詞に現した歌は今ほどなく、ラブソングや、何かに例えた裏側に、自分と共鳴する部分を見つけては、何度も繰り返し聴き、時には涙したものでした。

上手くスタートが切れなかった高校生の頃は、毎日、帰りのバスを降りてから、家までの道のりを、松山千春さんの「帰りたい」(だと思うんですが…)を、泣きながら口ずさみながら歩いていたものでした。

道沿いには、卒業したばかりの中学校のグランド。

今、考えると、私は、どこに帰りたかったんだろう…。

当時、一番好きだったアーティストはさだまさしさんでした。

オフコースの歌も良く聴いていました。

フォークソングから、ニューミュージックなるものまでのすべてが好きでした。

昨日、聴いたばかりの、その頃の歌。

自分の思いが通じなくて、何度も泣きながら歌った歌。

泣きながら聴いた歌。

よかったら聴いてください。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
みっちょんさんのコメントはいつも暖かい。
この歌を聴いてよく解りました。
みっちょんさんは優しすぎて、周りの人のことを考えすぎて、自分を押さえて。
もっと自分のことを好きになって。
その優しさは誰も真似できるものじゃないんだから。
おーちゃん
2010/06/13 17:06
優しくもあり切ない歌ですね。
涙しながら聴いていたみっちょんさん。
優しいのですね。
もっと自信を持って自分を労わってあげましょう。
さあや
2010/06/13 19:50
心に響く歌ですね。 人見知りな性格だったんですか?
私も、言いたい事は、なかなか言えない性格でした。
ジャイラス
2010/06/13 22:34
>時を遡るチケットがあれば♪
>自分の人生の中では誰もが主人公

いい曲だね・・・。
すごく響いたよ。
確かに、今の曲と中、高時代の曲の歌詞って
違うよね。
中、高時代の曲は、情景が浮かんでくる。
今は心の叫び。みたいだよね^^
そう思うと、こういう曲って心が和むなぁ。
ありがとう・・・☆
KENママ
2010/06/13 22:45
やっぱり心の優しい女の子だったのですね。
そしてその心は今でも続いてる。素晴らしいことだと思います。曲を聴けば分かります。
すさんだ僕の中高時代とは対照的だな。
はむたろう
URL
2010/06/14 01:39
おーちゃんさんへ
聴いて下さってありがとうございます。
私はそんなに優しくないですよ〜。羊の皮をかぶった狼ですから(笑)。持ち上げてくださってありがとうございます。お世辞でも嬉しいです(笑)。こんなにバリエーションの多い歌が聴ける私達は、ラッキーですね。それぞれのいいとこを味わえる…、歌っていいですね。
みっちょん
2010/06/14 02:17
さあやさんへ
聴いてくれてありがとう。今は、昔の歌もよくテレビでやってくれるし、いろんな曲に刺激を受けて幸せだなあとおもいます。30年くらい前の歌って、切ない歌も多くて涙を誘われますね。今の曲手あまり知らないけど、元気をもらえる歌が多いですね。
みっちょん
2010/06/14 02:30
ジャイラスさんへ
確かに、人見知りでした。私の中学校から、その高校へ行ったのは、私一人でしたから。いろいろあった高校時代でした。やっぱりそんな時、心に沁みるのは歌ですね。聴いてくれてありがとうです。
みっちょん
2010/06/14 02:35
KENママさんへ
聴いてくれて、ありがとう。昔の歌は、行間を読む歌、って言ってた方もいました。いろんな部分を自分と重ねて、情感が湧いてくるのは、昔も今も、変わりないかもね。私も皆さんがUPしてくれる歌に元気をもらってます。歌っていいね♪
みっちょん
2010/06/14 02:51
はむたろうさんへ
私の高校時代も荒れてましたよ〜。ただ不良になれないだけで。優しくなんて、全然なかったですよ(笑)。
>私の人生の中では誰もが皆主人公…。
代役はいないんです。だから自分の事は大切にしなきゃですね。時には自己中になることも、必要なのかもしれませんね。聴いてくれて、ありがとうございます。
みっちょん
2010/06/14 03:10
最近は、共感して泣く歌ってあまり耳にしないけど、昔はたくさんありましたよね、泣きながら聞いたり歌ったたりした曲。
どこで私の人生は狂ったんだろう?と思いながらもきっと、今この道を歩んできたのは私自身が通るべき道だったのかな。
みっちょんさんご自身、みっちょんさんが主人公の人生、大事に大事にしてあげてください。
私にとっても大切なみっちょんさんだから。
良い歌をありがとう
livelife
2010/06/14 04:21
livelifeさんへ
私は最近の歌をあまり知らないので何とも言えないけど、昔の歌は、自分が同世代か少し下くらいだったから、余計何かを感じたのかもね。私も、どうも予定外の人生になってる気がするけどね。聴いてくれてありがとうございます。
みっちょん
2010/06/14 08:25
みっちょんさん。
良い曲ですね。
エミも、良く詩を、書いてました。
中学生の、頃かな。
エミは、千春が、好きでした。
北海道の、千春の、家まで、行って、勿論千春は、不在でしたが、両親に、いちゃを、ご馳走に、なったのを、覚えてます。
自然が、凄くて、見渡す限りの、雪でした。
本当に、昔の、曲って、良いですね。
でも、その時、パニックを、起こしたのも、覚えてます。
もう一度、昔に、帰りたいなぁ〜
年を、取った証拠ですね。
エミ
2010/06/14 09:09
エミさんへ
え〜〜!千春の家まで行かれたんですか?雪ということは冬ですよね。凄いなぁ。千春の歌も好きでしたよ。ストレートなとこがいいですよね。
詩も書かれてたんですね。私もエッセイを書くのが好きでした。今から考えれば、十分無邪気でしたよね。
昔は美しく見えるもの、今だって、見方を変えれば、捨てたものじゃないかもしれませんよ
聴いてくれて、ありがとう。
みっちょん
2010/06/14 10:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「主人公」 みっちょんのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる